お酒を飲んだ後の口臭の原因はアセトアルデヒドにある?

お酒を飲んだ後の口臭の原因はアセトアルデヒドにある?

よく「酒臭い」という表現が使われることからわかるように、お酒を飲んだ後には独特の不快な臭いがするものです。

 

特に元々の口臭と合わさると顔をしかめるほどの強烈な臭いとなることもありますが、この臭いの強さは体質によっても変動するもので、お酒を飲んでもあまり酒臭くならないと言う人もいます。この差はいったい何なのでしょうか。

 

お酒臭さの原因の一端として、アセトアルデヒドの臭いが考えられています。アセトアルデヒドはアルコールを分解した後に発生する有害物質ですが、青臭い臭いがあることでも知られ、特に濃度が高いと不快な臭いとなります。

 

体質によって酒臭さ・口臭への影響が変動するのはアセトアルデヒドを速やかに分解できているかどうかによって決まっていると考えられ、アセトアルデヒド脱水素酵素の働きが活発な、いわゆる酒に強いと言われる体質の人は酒臭さもあまり強く表れませんし、逆に酵素の働きが低い人は、アセトアルデヒドが長時間滞留するためこれが酒臭さへと繋がっているのだろうと考えられます。

 

ただし、口臭の原因はアセトアルデヒドだけではありません。特に口内からではなく胃から来る臭いというのは内臓の健康状態を表していると昔から言います。

 

毎日のようにお酒や脂っこいおつまみなどを繰り返し摂取している人の消化器の状態はあまり好ましくないことが多いため、口臭が発生しやすい環境ではあります。

 

口臭は自分では気付かないものですので、お酒に強いから口臭はしないなどと早合点せず、内臓の健康にも気を遣いましょう。