日本人はアセトアルデヒド脱水素酵素が少ない?

日本人はアセトアルデヒド脱水素酵素が少ない?

日本人はお酒に弱いタイプが多いとよく聞きます。実際にアセトアルデヒド脱水素酵素の活性を調べると、そもそもこの酵素が活性を失っているタイプ、つまり下戸というのは白人・黒人には存在しません。

 

一方でモンゴロイド由来のアジア人は半分近くがアセトアルデヒド脱水素酵素の活性が不十分、あるいは完全に不活性であり、下戸というのはアジア人を始めとしてごく一部の民族特有の現象と言うことができます。

 

一方で、日本人はアセトアルデヒド脱水素酵素の数自体も少ないというデータがあり、より一層アルコールに弱い原因となっています。アセトアルデヒド脱水素酵素の活性自体は遺伝で決定されており後から変わるものではありませんが、アセトアルデヒド脱水素酵素の量は後天的に変動しうるものです。

 

そして日本人がこの酵素の量まで少ない理由は、下戸の人がお酒を飲まず、アセトアルデヒド脱水素酵素をほとんど使わないことによってこれらの酵素分泌まで活性化されず、それが遺伝したと考えられています。

 

つまり、アセトアルデヒド脱水素酵素を必要としない人が伝統的に多かったために、分泌する機能自体が退化していった可能性があると言うわけです。

 

アセトアルデヒド脱水素酵素の分泌量自体はお酒を飲むことで短期的に上昇させることができます。とは言えそうすることはアルコール長期摂取による病気発症率の急激な上昇やアルコール中毒への罹患と隣り合わせですから、健康に気をつけて行わなければなりません。