二日酔い、お酒が弱い原因はアセトアルデヒドにある?

二日酔い、お酒が弱い原因はアセトアルデヒドにある?

お酒を飲んだ次の朝が辛い二日酔い、あるいはそもそもお酒を飲んでいる最中にすぐに酔いが回ってしまったり悪酔いしたりと言ういわゆるお酒が弱いと言う人、日本人には少なからずこういう方がいらっしゃいます。

 

これらは全てひっくるめて体質のせいと言ってしまいがちですが、必ずしも体質によってのみ決定されるわけではありません。

 

そもそも二日酔いが酷かったりお酒に弱い原因は、アルコール分解後にできる有害物質の解毒が迅速に行われないためであり、有害物質の解毒能力は体調や加齢による臓器の機能低下によって左右されるため、人によっても大きく変動するものです。そしてこの有害物質をアセトアルデヒドと言います。

 

アセトアルデヒドとはアルコールを分解した後にできる有害物質です。アルコールを分解する臓器は肝臓ですが、その後にできるアセトアルデヒドの解毒もまた肝臓が主に受け持ち、アルコールを摂取した後は肝臓がフル稼働することとなります。そしてアセトアルデヒドの無害化にはアセトアルデヒド脱水素酵素の働きが必要で、この活性に関しては生まれつき強い弱いというものがあるので、これらをまとめると、

 

・アセトアルデヒドを分解するための酵素の活性は体質による
・実際のアセトアルデヒドの処理を行うスピードは肝臓などの状態による

 

となり、体質と体調や健康状態の両面が関連してくると言うことになります。