アセトアルデヒド脱水素酵素を増やすには?

アセトアルデヒド脱水素酵素を増やすには?

 

アセトアルデヒドの活性は遺伝子によって完全に決定されており、後天的に変えることはできません。そのためお酒の強い弱いをどうにかするのは難しいことではありますが、アセトアルデヒド脱水酵素の数自体を増やすことは理屈上可能です。

 

その方法は、一つはお酒を継続的に飲み続けること、二つ目は肝機能を向上させること、です。お酒に弱くても飲み続ければ強くなる、とよく言われますが、これは完全に間違いとも正解とも言えません。

 

前述の通り、アセトアルデヒド脱水素酵素の活性自体はどれだけ訓練しても変化することがないため、特にアセトアルデヒド脱水素酵素の活性を完全に欠いている体質の方はどれだけ訓練しようとも飲めるようになることはなく、それどころか一度の飲酒で体に様々な悪影響を及ぼすため、訓練自体が危険なものです。

 

一方で、アセトアルデヒド脱水素酵素の活性が弱いタイプならば、継続的にお酒を飲み続けることで酵素の量自体を増やします。

 

また、効率が悪くとも量でアセトアルデヒドを一気に代謝できるようになる、と言うことはある程度ならば不可能ではありません。ただし元々活性が低い以上大きな効果は見込めない上に、肝臓に大きな負担がかかることとなります。

 

もう一つ、アセトアルデヒド脱水素酵素が分泌され働く肝臓の機能を向上させるというアプローチもあります。適切に休肝日を用意したり、肝臓修復に効果的なウコン等の食品を用いて肝臓の状態を常に高く保つことで、ある程度ならばアルコールに対する無理も効くようになるでしょう。

 

悪酔い・二日酔いしない!お酒に強くなる!

 

アセトアルデヒド分解サプリ特集!完全無敵の二日酔い対策!