アセトアルデヒド 分解 サプリ

アセトアルデヒド分解サプリ特集!

当サイトは二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを分解してくれる有効成分を配合したサプリを紹介しています。

 

従来の多くが肝臓の解毒作用を高めるタイプのサポート商品でしたが、これからは肝臓に負担をかけずに、肝臓に着く前に分解を促進するタイプが主流になってきます。お酒好き、お酒に負けたくない、といった方にいち早くお届けします。

 

スパリブ 3回分540円

スパリブは、お酒を飲んだ翌日の辛さを吹き飛ばす効果の実感度の高いサプリメントです。

 

アセトアルデヒドの分解を促進するL-シスチンをはじめ、L-グルタミン・ビタミン類などの強力な成分がお酒を飲みたいあなたの肝臓を徹底サポートします。さらに、コエンザイムQ10も含まれるから美容にも効果が期待できます。

 

 

ゲンキウコン 30回分980円

ゲンキウコンは、肝臓の解毒作用を高めるクスリウコンを配合したサプリメントになります。クスリウコンに含まれるクルクミンを1回分に70mgと高含有しています。

 

クルクミンは二日酔い・悪酔いの原因となるアセトアルデヒドの代謝促進作用があります。飲酒前後にクルクミンを補給しておけば、代謝促進され、体内に残さず翌日スッキリとした状態を維持できます。

 

 

ホスピノールは、湘南美容外科と共同開発したアセトアルデヒド対策のサプリメントになります。アセトアルデヒドの分解に働くポリコサノール・酵母をはじめ、5種類の植物性複合酵素を含み、肝機能を高めます。

 

また、様々な食材の酵素を凝縮しているから、女性の美容力アップも兼ね備えたサプリメントです。

 

 

そもそもアセトアルデヒドってなに?

 

二日酔いや悪酔いの原因である酒飲みの敵、アセトアルデヒドとはアルコールを分解した際に発生する物質で、強い毒性を持つため分解されないまま体内に長時間滞留すると様々な害をもたらします。

 

アセトアルデヒドは自然界に元々存在する物質であり、代謝の際の中間生成物として発生しています。人間においてはアルコール分解プロセスにおいて、アルコールの次に発生する物質であり、アセトアルデヒドは分解されて酢酸になり、その後水と二酸化炭素に分けられて尿として排出されます。

 

前述のようにアセトアルデヒドは毒性が強く体に悪影響を及ぼすため、発生したらすぐに分解され始めるのですが、問題はアセトアルデヒドの分解にはアセトアルデヒド脱水素酵素の働きが必要となると言うことで、このアセトアルデヒド脱水素酵素の活性は人によって大きく異なります。

 

活性がほとんど失われている体質の方も少ないながら希とは言えない程度には存在し、アセトアルデヒドが長時間体内に滞留するため、飲酒によって著しく健康状態を害してしまいます。

 

また、アセトアルデヒド脱水素酵素は肝臓で働く酵素のため、肝臓の健康状態によっても分解速度が左右され、体調の悪い日は二日酔いが酷いなどと言うこともあり得るのです。

 

よくお酒は飲み続けていれば強くなるなどと言う人がいますが、アセトアルデヒド脱水素酵素の活性は遺伝によって決定されており、訓練によって克服できる性質のものでは全く無いため、無理強いして取り返しの付かないことにならないよう気をつけなければなりません。

 

アセトアルデヒドを分解するには?

 

アセトアルデヒドは肝臓で分解され、実際に分解する際にはアセトアルデヒド脱水素酵素という酵素が働くことになります。

 

したがってアセトアルデヒドの分解のために重要となるポイントは肝臓の機能とアセトアルデヒド脱水素酵素の活性の二点となります。

 

まず肝臓の機能は非常に重要で、肝臓の健康状態が悪くなっていたりするとアセトアルデヒドの分解は急激に滞ることがあります。

 

これは、アセトアルデヒドが発生する前の物質であるアルコールの代謝も肝臓が受け持つためであり、アルコール摂取後はアルコールの代謝とアセトアルデヒドの分解の両方を受け持つ肝臓に大きな負担がかかり、肝機能が衰えていたりすると特にアセトアルデヒドの分解が滞ることで、二日酔いや悪酔いなどといった症状が表面化することになります。

 

また、酔いやすい体質、お酒が飲めない体質などと言われるのはアセトアルデヒド脱水素酵素の活性による差で、これは遺伝子によって完全に決定されています。

 

アセトアルデヒドのタイプには3種類あり、活性が十分であるGGタイプ、活性が不十分であるAGタイプ、そして活性がほぼ失われているAAタイプとなります。

 

後天的にこれらが変動することは無いとされているため、極端にお酒が飲めない人は訓練を行っても飲めるようにはなりません。

 

それどころか、AGタイプやAAタイプはアセトアルデヒドが長時間体内に滞留することによって害を受けやすい体質なので、無理をして飲酒を続けているとアルコール性疾患に罹患しやすいのです。